「2人に1人」の心配を一掃するがん保険

日本人の2人に1人が生涯のどこかで罹患し、死亡率もナンバーワンな病気であるがんは、我々にとって最も脅威と言える病気です。社会の高齢化に伴ってがん保険の需要は増し続け、平成27年度の調査では60.7%ものがん保険加入率を誇っています。

がん保険では、基本的にはがん治療において手術・放射線治療・抗がん剤治療を受けた際の治療給付金や、がんとになった場合の診断給付金、入院治療が必要となった際の入院給付金、がんが原因で通院する際に支給される通院給付金がパックにされているケースが多くなっています。

また、内容によっては数百万円の治療費がかかってしまう陽子線治療や重粒子線治療といった先進医療も、月額数百円程度の特約を付けることによって手厚く補償される場合が多いです。がん保険の特徴としては、診断を受けた際にまとまった金額の診断給付金をすぐに受けられることで、これによって入院や手術に備えた準備を行えます。

また、一般的な医療保険では入院給付金に対して給付上限日数があり、長期入院の際には途中から入院給付金が出なくなることがありますが、がん保険では長期入院治療を前提としているため上限日数が無く、安心して治療に臨むことが可能です。