万が一の時のお助けアイテムがん保険

通常の生命保険には、幾つか加入していても、がん保険は未加入という方多いのが現実のようです。しかし、保険は健康な今だから加入できるんです。現在がん保険も5年経過していたら加入可能という商品も出ています。このような保険は、必ず条件付きだったり、保険料が割増しになっている事が多いのです。

がん保険は、契約日から90日後の発症した悪性新生物に対して保険金が支払われます。契約日以前に通院していたり、検査を受けていたりして90日以内に診断が出された病気に関しては、残念ながら支払が発生しないのです。

また、ガンという病気は現在医学の進歩により、早期発見も可能になったので、生存率が高くなりましたが、外科的手術をしてもその後に化学治療の補助療法が行われることも多々あります。

この補助療法にも、治療費がかかりますし、通院費もかかります。がん保険には、入院給付金をはじめ、手術給付金、通院給付金などがありますが、一番の特徴は、診断給付金です。がんと診断された時にまず一括して支払われる保険金ですが、入院諸費用や準備金、当面の生活費などに充てる事もできて便利なものです。このように、できれば病気にはならないのが一番かもしれませんが、病気になった時も安心して入院・手術・治療に専念できるためのアイテムとしてがん保険加入は必要なのではと考えられます。